image
image
DISCOGRAPHY
image

The Life Romantic

2017.5.24 OUT
ISCD-0007 ¥ 2,500 + tax

01. Tears For Beers
02. Stand By Me
03. Maybe Tomorrow
04. Suite Home
05. 帰るの唄
06. Paint It Grey
07. Self Service
08. Hums
09. Burn To Shine
10. No Man Break

image
ALBUM
image
image
image
image
image
image
image
SINGLE
image
image
image
image
image
OTHER
image
image
image
PROFILE
image

PLECTRUM

PLECTRUMとは英語で弦楽器を奏でる道具、ピックの意。Teenage Fanclubが名付け親。90年代UKギターポップ、シューゲイザー、USインディポップに強く影響を受けたバンド黎明期から、ガレージ、サイケ、70'sパワーポップ等様々な音楽を吸収し現在に至る。1996年にポリスターレコードからメジャーデビューし、アルバム1枚、ミニアルバム2枚、マキシシングル3枚、シングル2枚をリリース。1999年からインディーズで活動し、アルバム4枚、ライブアルバム1枚、ミニアルバム2枚、配信シングル1曲をリリース(2022年現在)。メンバーはそれぞれ個人活動も行っており、PLECTRUMの音楽に更なる幅をもたらしている。

MEMBER

タカタタイスケ Vo.Gt./1972年5月12日生/佐賀県出身/A型
藤田顕 Gt.Vo./1972年9月27日生/兵庫県出身/O型

HISTORY

1992
大阪府立大学在学中、当大学の音楽サークル「飛行船」にてタカタタイスケ、藤田顕、中井敦が出会う。▷前身バンド「STAR SIGN」結成、バンド名は敬愛するTeenage Fanclubの曲名から拝借。▷初代メンバーはVo.Gt.タカタ、Ba.中井、タカタの幼馴染みのGt.綿背貴泰、メンバー募集で知り合ったDr.辻千代。▷大阪・難波ベアーズを拠点に活動。

1993
吉本興業DRプロジェクトオーディションに合格し、大阪・心斎橋2丁目劇場「WA CHA CHA LIVE」に定期出演。▷ギタリスト藤田が加入し5人編成となり、タカタはボーカルに専念。

1994
Teenage Fanclub初来日、デモテープを渡す事に成功。▷綿背、辻が脱退、中井がベースからドラムに転向。▷飛行船にギタリストとして入部してきた新入生、岸原尚紀をベーシストとしてスカウトし、Vo.Gt.タカタ、Dr.中井、Gt.藤田、Ba.岸原の4名で再始動。

1995
Teenage Fanclub再来日、STAR SIGNを覚えていたNorman Blake(Teenage Fanclub)から、幸運にもライブ後のパーティーに誘ってもらう。そこでバンド名を変えたいとオファー、『PLECTRUM』の名称を授かる。

1996
5/25 ポリスターレコードより、ミニアルバム 「JAPANESE DISCO IS FUN?」でメジャーデビュー。▷8/25 マキシシングル「FLOW」をリリース。▷9/26 1stフルアルバム「SUNDAY CHAMPION」をリリース。▷11/25 シングル「JAPANESE DISCO IS FUN!」をリリース。

1997
渋谷0-NESTにて、4ヶ月連続ワンマンライブ「10YARDS FIGHT」を敢行。毎月5曲新曲を発表するという無謀な企画にも関わらず計20曲を見事に書き上げ、ライブで披露した。▷5/25 シングル「SMILE」をリリース。

1998
4/1 マキシシングル「STAR BOWLING」をリリース。▷5/2 マキシシングル「CAMP FIRE THRILL」、ビデオ「The Adventure of Pony Rider」をリリース。▷6/24 2ndアルバム「The Adventure of Pony Rider」をリリース。今作はプロデューサーに高桑圭(Curly Giraffe, ex.GREAT3)を迎え、ドラム白根賢一(GREAT3)、キーボード堀江博久、パーカッション及川浩志(Central)が参加。 藤田がギタリストで参加していた「GREAT3」のステージメンバーと共に制作された。▷結成時からリーダーとしてバンドを牽引してきた中井が正式に脱退。

1999
ポリスターレコードとの契約が満了、メジャーレーベルを離れインディーズで活動をはじめる。▷タカタ、藤田、岸原それぞれ個人活動の場を広げる。

2000
6/26 インディレーベルROCK RECORDSより、3rdアルバム「COLOMBIA」をリリース。ドラムに大脇武志、立井幹也が参加。制作期間は録音とミックスを含め1週間ととてもタイトなスケジュールだった。

2001
GOMES THE HITMAN、advantage Lucy、PLECTRUM、CELLOPHANEの4バンドによる合同企画ライブ「GAPC」を開催、ツアーを行う。▷8/10 LD&K Recordsより、4thアルバム「sorry」をリリース。Dr.立井幹也、Syn.溝渕ケンイチロウ、Vo.アイコ(advantage Lucy)が参加。▷11/21 ポリスターレコードより、ハリウッド映画「SPY KIDS」日本版プロモーションシングル「スパイキッズ feat.PLECTRUM」リリース、収録曲2曲の作詞・作曲・演奏・プロデュースを手掛ける。

2002
初の自主企画ライブ「Boys of the~」を東京・下北沢CLUB Queにて開催。

2003
初自主製作CD「TILL I DIE AGAIN EP」をリリース(会場限定販売)。エンジニア兼共同プロデューサーに石坂義晴(advantage Lucy)を迎え制作された。▷「TILL I DIE AGAIN EP」レコ発東名阪ワンマンツアーを行う。▷5/28 UNIVERSAL MUSICより、WEEZERトリビュートアルバム「ACROSS THE SEA」発売、表題曲「ACROSS THE SEA」で参加。

2004
3/20 LOVE&PEACE RECORDSより、5thアルバム「PROM NIGHT」をリリース。前作に引き続きエンジニア兼共同プロデューサーに石坂義晴(advantage Lucy)、ドラムに立井幹也を迎え制作された。▷3月に初となる海外でのライブ、advantage Lucyらと共に初の韓国公演に凱旋。9月にはSwinging Popsicleらと共に再訪問、この年は2回、韓国でライブを行った。

2005
2/16 mona recordsより、初のライブ盤「LIVE 4 LIVE」をリリース。前年の韓国でのライブも収録。▷岸原、バンド活動を休止、ベースに千ヶ崎学を迎え、活動を継続した。


2006

1/21 岸原尚紀卒業記念、自主製作CD「SWEET MEMORIES」をリリース。演奏はメンバー3人のみで行われた。▷東京・下北沢CLUB Que、大阪・難波ベアーズにてワンマンライブ「SWEET MEMORIES」を開催。▷「BMX Bandits semi-acoustic Japan tour 2006」に参加、BMX Banditsの曲を数曲セッション。▷岸原がバンドを脱退。▷「Ally Kerr Solo Acoustic Live 2006」に参加、グラスゴー孤高のSSW、アリー・カーと数曲セッション。▷ベース平田博信(Swinging Popsicle)を迎え、東京・下北沢GARAGEにてライブを行う。▷「Nice Man(Francis Macdonald)Japan shows 2006」に参加、Teenage Fanclubのドラマー、フランシス・マクドナルドと数曲セッション、その際のバンドに「Nice Man & Japanese Bad Boys」と名付けられた。

2007
8/3 自主製作EP「Time Leap」をリリース。エンジニア兼共同プロデューサーに石坂義晴(advantage Lucy)、ベース千ヶ崎学、ドラム立井幹也をを迎え制作。▷Teenage Fanclubファンによるトリビュート企画「Songs From More Than Britain」に 「plectrum & bithead」として参加、楽曲「Kickabout」をリアレンジした。▷アコースティックライブ「Suite Room」を東京・下北沢mona recordsにて企画開催。

2008
自主企画ライブ「Boys of the Winter」10回記念を東京・下北沢CLUB Queにて開催。▷アコースティックライブ「Suite Room Vol.2」を東京・下北沢mona recordsにて企画開催。▷「Ally Kerr Acoustic Japan Tour 2008」に参加、数曲セッション。▷企画CD、近藤金吾presents「NAKED COLLECTION Vol.9~サマースペシャル夏ノ品!~」に参加、下北沢CLUB Queおよびライブ会場限定発売。

2009
ドラマーに溝渕ケンイチロウを迎えライブ活動開始。▷「Up Close -Ally Kerr Acoustic Duo Live In Japan 2009」にて再びAlly Kerrと共演。

2010
自主企画ライブ「START AGAIN」を東京・下北沢CLUB Queにて開催。ライブ会場限定2曲入りCD-R「青焼」を販売。▷10/6発売「Good Lovin'~下北系ギター・ポップ・コンピレーション~」に「Japanese Disco is Fun!」が収録。▷11/10発売ジョン・レノントリビュートアルバム「#9 DREAM」にタカタ書き下ろしの楽曲「70」で参加。

2011
3/25 東日本大震災発生から2週間後、東京・代々木 Zher the ZOOのライブに出演。▷Teenage FanclubのNorman BlakeとGorky's Zygotic MynciのEuros Childsによるユニット「Jonny」来日公演に、日本人バックバンド「candyfloss」として参加。▷CDデビュー15周年となるこの年、約5年ぶりとなるワンマンライブ「PLECTRUM 15th anniversary "thank you"」を東京・代々木Zher the ZOOにて開催。

2012
音楽市場サイトMajixより、初の配信限定音源「G&S」をリリース。▷BMX Banditsニューアルバム「In Space」収録曲「Still」を共作。

2013
「Pop Brothers from Glasgow World Premiere Tour in Japan」東京公演に出演。Duglas T. Stewart(BMX Bandits)、Eugene Kelly(THE VASELINES)、Norman Blake(Teenage Fanclub)とアンコールにて数曲セッションし、Teenage Fanclubの名曲「The concept」をバンドの名付け親であるNorman Blakeと共演した。▷POWERPOP ACADEMY監修クリスマス・コンピ『This Christmas Time 3』に楽曲「70」で参加。

2014
ドラマーに森信行を迎えライブ活動開始。▷東京・下北沢CLUB Queとの合同企画「Boys Don't Cry」を計5回行う。

2015
ライブを中心に活動を行う。

2016
新作に向けてのレコーディングに入る。

2017
5/24 約13年ぶりとなる6thアルバム「The Life Romantic」を発売。ミックスマスタリングに南石聡巳(duskline)を起用。▷東名阪レコ発ワンマンツアー「PLECTRUM Live Tour2017『The Life Romantic』」開催。▷アルバムオープニング曲「Tears For Beers」MV公開。映像監督は沖野俊太郎(Venus Peter)。▷青森県での初ライブ「GONOHE MUSIC FESTIVAL 5」に出演。▷東京・下北沢CLUB QueにてPLECTRUM企画「Boys Don't Cry 6」を開催。

2018
東京・下北沢CLUB QueにてPLECTRUM企画「Boys Don't Cry 7」を開催。▷「No Man Break」MV公開。▷東京・十条cinécafé sotoにてワンマンライブ「夕方ファンクラブ」を開催。

2019
10/30 ポリスターレコード在籍時代(1996〜1998)の作品6タイトルをデジタルリリース。▷東京・下北沢Music Island Oにて、タカタと藤田二人だけのワンマンライブ「ふたりのピックショー」を開催。

2020
4/14 コロナ禍で頑張っている皆様に向け、SNSに動画を公開。第1弾の楽曲は「In My Room No.9」をリアレンジした「In Your Room No.9」。▷5/4 第2弾「No Man Break」には森信行、千ヶ崎学も参加。

2021
5/28 CDデビュー25周年記念ツイキャスライブを開催、1stミニアルバム「JAPANESE DISCO IS FUN?」全5曲披露。▷10/8 1stアルバム「SUNDAY CHAMPION」25年記念ツイキャスライブ第2弾を開催、翌週には森信行を迎え第3弾を開催(10/15)。

2022
3/1 むさしのFM 78.2MHz“双六亭の「囲碁お見知りおきをラヂオ」”にトーク&ライブ出演、双六亭YouTubeチャンネルにて演奏動画公開。


official
akirafujita
taisuketakata
Copyright© PLECTRUM. All Rights Reserved.